1.痛みを感じる仕組みとは?原因・症状、鎮痛薬の働き

人の体ではプロスタグランジン(PG)という物質が作られています。

このプロスタグランジンは、人の体の機能を調節するために必要なものですが、いくつか種類があり、中には痛みや熱を引き起こす原因となるものが存在します。

 

一般的に市販されている鎮痛薬は、プロスタグランジンを作り出す酵素である「シクロオキシゲナーゼ(COX)」と呼ばれる物質の働きを抑えることで鎮痛効果を発揮します。

 

2.腰や肩が痛い!そんな時の市販薬の選び方

2-1. 腰痛・肩こりに効果が期待できる市販薬の成分と特徴

市販されている鎮痛薬は、「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」と呼ばれるものに分類され、さまざまな痛みに広く用いられています。

熱を下げる働きもあり、また、飲み薬ではのどの痛みをともなうカゼにも使われています。

 

<フェルビナク>

鎮痛効果:やや強い

腫れや痛みを和らげる作用を持ち、湿布など外用薬として筋肉痛や関節痛によく使われる成分です。

副作用も少なく、気軽に使えるお薬です。

 

<インドメタシン>

鎮痛効果:中

この成分も湿布など外用薬としてよく使われている成分です。

炎症や痛みを緩和し、筋肉痛や関節痛などに使用されています。

鎮痛効果はそこまで強くはありませんが、比較的安価な傾向があります。

 

<ロキソプロフェン>

鎮痛効果:中

非常に知名度の高い「ロキソニン」の主成分です。飲み薬でも湿布など外用薬でも大活躍しています。

一般的な市販薬は、内服の場合は少し胃に負担がかかるのですが、ロキソプロフェンは比較的胃への負担が少ないという利点があり、さらに効果発現も比較的早く、非常に使い勝手の良いお薬です。

非常に優れたお薬ですが、市販では「第一類医薬品」というカテゴリーに分類されており、薬剤師がいるお店でしか購入できないことが難点です。

 

<ジクロフェナク>

鎮痛効果:

市販されている鎮痛剤の中で一番強い鎮痛効果を誇るのがこのジクロフェナクです。

とにかく痛みを抑えたい時におすすめです。

飲み薬と湿布など外用薬の両方で使われていますが、市販では外用薬のみとなっており、比較的高価です。

飲み薬が必要な場合は病院で診察を受け、処方箋をもらいましょう。

 

<イブプロフェン>

鎮痛効果:中

こちらも代表的な鎮痛剤で、抗炎症・解熱・鎮痛薬としてよく使われている知名度の高い成分です。市販では主に飲み薬として販売されています。ニキビの外用薬にも配合されています。

効果が出るまで比較的時間がかかりますが、安価で手に入れやすいお薬です。

 

<アセトアミノフェン>

鎮痛効果:弱

この成分はNSAIDsとは少し違った仕組みで痛みを和らげる成分です。市販では飲み薬のみとなっています。

鎮痛効果や炎症を抑える効果はそれほど強くはありませんが、効果発現が比較的早く、子供にも使えて、胃の負担がほとんどなく、長期間の使用も可能な安全性の高い成分です。

ただし、肝臓に負担がかかるので肝臓の悪い方や高齢者の方は注意が必要です。

 

2-2. 市販薬の選び方

ここでは腰痛や肩こりの際の湿布など外用薬の選び方について紹介していきます。

 

<患部が熱を持ち、腫れている場合>

打撲、捻挫、肉離れなどのように、急激な炎症が起きている場合には、患部を冷やす効果のある冷感タイプの湿布が適しています。

 

<患部が慢性的に痛み、凝り固まっている>

慢性的な腰痛、肩こりなどの患部が硬く、冷たくなっていて、動かすと痛む場合には、患部を温める効果のある温感タイプの湿布が適しています。

 

<患部が関節などのよく動かす部位の場合>

患部が関節などの部位で、貼り薬が貼りにくい場合には、ゲルやローションタイプの製剤が適しています。

貼り薬の接着剤にかぶれてしまう場合にもオススメです。

 

2-3. おすすめの市販薬(代表例)

<フェイタス®Zジクサス®シップ>(外用薬)

とにかく痛みを抑えたい方にオススメです!

温感タイプもラインナップされているので幅広い痛みに対応できる

・市販薬中最強の鎮痛成分「ジクロフェナクNa」を1.0%配合で効果抜群

・フィルムも剥がしやすく、伸縮自在で関節部位にもフィット

・保管に便利な保湿性チャック付き


フェイタスZaジクサスの取扱店舗を見る

 

<ボルタレンACゲル>(外用薬)

とにかく痛みを抑えたいけど湿布などの貼り薬は好きではないという方にオススメです。

・市販薬中最強の鎮痛成分「ジクロフェナク」配合で効果抜群

・伸びがよく、関節などのよく動かす部位にも塗りやすいゲル

・メントールが入っていないので匂いが気にならない

 

<ゼノールエクサム SX>(外用薬)

比較的安価で手がベタつかないチックタイプです。

・「フェルビナク」配合

・太塗りチックだから、肩から首すじまで広範囲にしっかり塗れる

・直塗りタイプなので手がべたつかない

 

<ロキソニンS>(飲み薬)

胃に優しく非常に使いやすい飲み薬の鎮痛薬です。

・「ロキソプロフェン」配合で胃への負担が少ない!

・素早く効果を発揮

・眠くならない

 

<タイレノール>(飲み薬)

空腹時にも飲め、胃に負担がかからない、安全性抜群の飲み薬の鎮痛薬です。

・「アセトアミノフェン」製剤なので胃への負担はほとんどなし

・空腹時にも服用可能

・インフルエンザの時にも服用可能

 

2-4. 強い痛み止めをお探しの方:病院で処方されるお薬と市販薬の違い

 

市販されている痛み止めは、主に「NSAIDs」と呼ばれる分類のものです。その中で一番強い効果が期待できる成分は「ジクロフェナク」です。市販では、湿布など外用薬のみの販売となります。

それでも対処できず、さらに強い痛み止めが必要と感じた場合には、医師の診察を受ける必要があります。

医療用医薬品であれば、さらに強い鎮痛効果が期待できる「オピオイド系」という分類の鎮痛剤が存在します。

 

3.痛み止め服用時の注意点

身近で安全な薬である痛み止めですが、全くリスクがない訳ではありません。服用する時には注意が必要です。

 

<胃腸障害>

市販されているほとんどの解熱鎮痛剤は、「プロスタグランジン」と呼ばれる物質の生成を抑制することで鎮痛効果を発揮しますが、このプロスタグランジンの中には、胃を保護する働きをしているものもあります。

解熱鎮痛薬が胃を保護してくれるプロスタグランジンの生成も抑制してしまうため、しばしば胃に負担をかけることがあります。

「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」を起こしたことのある方や、胃腸の弱い方は服用を避けるべきです。

 

<アスピリン喘息>

「喘息」をお持ちの方も注意が必要です。

解熱鎮痛薬によって喘息が引き起こされる「アスピリン喘息」というものがあります。

これはアスピリンのみが原因ではありません。ほとんどの解熱鎮痛薬が原因になる可能性があります。もちろん、現在お持ちの喘息が薬によるものではなく、普通の喘息であれば、問題なく服用できます。

初めて服用する場合は、服用後の体調変化に注意しましょう。

服用後30分以内に鼻水・鼻づまりが起こり、次に咳やゼーゼーする症状が出始めた場合はアスピリン喘息発作の可能性があります。重症であれば死に至る可能性もありますので、すぐに病院に行きましょう。この際に、服用したお薬のパッケージや説明書を一緒に持っていくとスムーズに対応できます。

 

<他に飲んでいる薬がある>

解熱鎮痛薬は、一緒に飲んでいる他の薬に影響を与えることがあります。

他の薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合もあります。

他に併用薬がある場合は必ず服用前に医師、薬剤師、登録販売者に相談しましょう。

 

<子供は原則的に飲めません>

市販されているほとんどの解熱鎮痛剤は、子供(15才未満)への安全性が確立されていません。

唯一子供が飲めるものは、「アセトアミノフェン」という成分のお薬だけです。

子供に飲ませる場合は、アセトアミノフェンが成分の商品を選び、医師、薬剤師、登録販売者に相談しましょう。

 

<インフルエンザにかかっているときは避けましょう>

インフルエンザにかかっている時に解熱鎮痛剤を飲むと、「インフルエンザ脳症」を発症するリスクが高まるという報告がされています。

「アセトアミノフェン」という成分は、作用する仕組みが他の薬と異なるため、インフルエンザのときにも服用することができます。

インフルエンザの流行時期に高い熱が出た場合は、アセトアミノフェン製剤を選びましょう。

 

 

4.こんな時は早めに病院へ

痛み止めはあくまで痛みを抑えるお薬です。残念ながら根本的な原因が治療できる訳ではありません。

痛みが長期間続く、急激に悪化する、あまりにひどい痛み、原因不明な痛みなどの場合は、早めに医師の診察を受けましょう。

 

5.終わりに

市販の痛み止めにもさまざまな種類の成分や剤形があり、症状によって最適なものを選ぶことでより大きな効果が期待できます。

身近で簡単に手に入る鎮痛薬ですが、リスクがゼロではないことも忘れてはなりません。

そして、痛み止めの服用は、あくまで対症療法であり、根本的な原因の解決にはなず、症状が良くならない場合は医師の診察を受けるべきであることも念頭においてください。

 

 

*参考文献

・各成分の添付文書、インタビューフォーム

・書籍:『OTC薬入門』改訂第4版」

・宮崎県薬剤師会HPhttp://www.miyayaku.or.jp

・各製品のHP